はじまるケロ~

🐸自由すぎるのを不自由に感じてる?この世は実にオープンワールド【GTA5】

オープンワールド型のゲーム、と言われて、すっとわかる人は結構なゲーム好きだと思います。

 

 

マリオシリーズでいうと、ファミコンやスーファミのスーパーマリオシリーズは、ステージという概念がありますよね。

 

1-1だとか、8-4だとか、区切られたステージをひたすら右に進むだけのゲームシステム。

 

これが、ニンテンドー64などになってくると3Dのステージを自由に攻略できるタイプのゲームシステムになりました。

 

 

ざっくり言えば、あの箱庭のような世界を自分の好きなように動き回れるゲーム。

 

それがオープンワールドというゲームシステムなのです。

 

 

正確にいえば、マリオ64は最初から行けないエリアがあるのでオープンワールド風ですかね。最初からどのステージにでも自由に移動可能であれば、オープンワールドと言い切れるんですが。

最近だと、FF15がオープンワールド風でしたよねw

 

日本では、ガチオープンワールドのゲームをつくるのって難しいんですかね。
以前、カプコンが出したタイトル「ドラゴンズドグマ」は期待していたんですが、結局オンラインのほうに行ってしまったので残念でした( ;∀;)

 

 

真のオープンワールドゲームは、最初からどこにでもいけるゲーム!!

 

 

超有名な真オープンワールドゲームといえば「グランドセフトオート」シリーズですよね!

 

 

自由に乗り物を動かし、広い世界をまわるもよし
様々なアクティビティに挑戦するもよし
とにかく自由なゲームシステムがウリなワケです。

 

 

あまりに自由すぎて、何をすればいいのかわからない人も結構いるとおもいます。

 

 

海外のRPGシリーズで人気があるものは、オープンワールド型のものが多いです。
ジ・エルダースクロールズシリーズの「スカイリム」や「オブリビオン」なども広大な世界を自由に冒険できるRPGです。

 

それに比べて、ジャパニーズRPGと揶揄されるタイプのものは、とにかくストーリーやシナリオ重視で、自由度を犠牲にするかわりに、その世界観に没入できるようになっていることが多いです。

 

 

このへんで、日本人と外国人の性格の差がでていますよね(笑)

 

 

オモチャをあたえられた場合、

そのオモチャの説明書を読んで、その通りに遊ぶのが日本人。
そのオモチャを自由に、ときには正しい遊び方なんて気にせず無茶苦茶になるほど遊び倒すのが外国人。

 

そんな風にはゃにぇは思ってますケロ🐸

 

 

とはいえ、日本人でもオープンワールド型、自由度の高いもので遊びたい!という人も結構います。

 

でも国産のオープンワールド風では物足りない(´-ω-`)

 

 

 

でも

 

 

でもでも、このリアルな世界って、とてもとても「オープンワールド」型だと思うんですよ(笑)

 

 

自由度があるかないかは、自分次第。

 

 

クリアしていくクエストは、日常のいろんなところにありますよね。(*´ω`*)

 

 

 

 

あ、べつにそこらへんの車盗んで、銃乱射しろって話をしてるわけではないのであしからず(笑)

 

今日あなたがやるクエストはなんですか?
クエストリストにいっぱいサブクエストが貯まっていませんか?

 

すぐ終わらせることができるクエストは後回しにせずに、すぐやっちゃいましょう。
準備が必要なクエストは予定を立ててクリアできる段取りを自分で考えてみましょう。

 

自分のレベルは自分であげないといけませんからね!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP