はじまるケロ~

🐤TVドラマ「光のお父さん」FF14名物「予習」と「大縄跳び」とは?【FF14】

どうも、もずベエです🐤

 

 

毎日光のお父さんのブログを書いていますが、なぜもずベエがそこまで熱くなっているかわかりますか?

 

自分が、数年間過ごした世界…いわば第二の故郷である「エオルゼア」がドラマ化されるんですよ?!

 

あなたの子供時代に過ごした小学校や街並みやしわくちゃのおばあちゃんが経営している駄菓子屋がドラマ化されるとしたらあなたはテンションあがりませんか(‘ω’)?!

 

と、いうことで…!

 

FF14で一番テンションがあがる「大縄跳び」について今日は語っていきたいと思います。

 

FF14はオンラインゲームです(‘ω’)

 

世界中の人たちがエオルゼアという仮想空間で、PT(パーティー)を組み、強大な敵と闘っていくわけです。

 

オフラインのRPGと全く違う文化が生まれたとしても、それは必然だと思います。

 

それは…「予習」です!

 

はい!ここ絶対テストにでますからね!
予習がテストに出るって意味がわかりづらいですけどね…
ほんとにエオルゼア内で予習は大事なんです( `ー´)ノ

 

FF14でいう「予習」とは。

 

即席でその場でPTを組んだ人と、ダンジョンやボス戦を攻略するにあたり、ダンジョンやボスの攻撃の「謎解き」をあらかじめ攻略サイトや攻略動画で確認しておくことです。

 

もずベエがFF14を始めて一番驚いた要素の一つがこの「予習」ですね。

 

もちろん!そんなことしなくて全然かまわないのですが、他人に優しくしたい!初対面の人に迷惑をかけたくない!と思う人ほど、「予習」をしてしまうのです。

 

予習を全くせずにバトルに挑む人もいますが、最初はそれでよくても、高難易度のコンテンツになればなるほど、自分の愚かさに泣きたくなり、「予習」をどうしてもしたくなってしまうのです(;”∀”)

 

最終的に、絶対に予習をしない人は本当にハートが強い!!!!!!とだけもずベエは書き留めておきます( ;∀;)

 

FF14の一番難しいバトルの例えが、「大縄跳び」とよく言われる所以は、8人PTでその全員が一度もロープにひっかかることなく、100回飛び終えないといけないという難易度だからです。

 

別にチャレンジしなくてもいいんですけど、そこに山があれば人が上るように…高難易度コンテンツがあれば挑んでしまうのも人の性。

 

もずベエも、ある程度はそういうコンテンツにチャレンジしたことがあります(‘ω’)

 

まずは攻略動画で、「予習」!

 

次に、初見でいきましょうPT募集で動画で見た流れを実際に体験してみる!

 

次に、序盤練習PTでひたすら中盤を目指して戦闘戦闘戦闘…(ガタガタガタガタ

 

そして…後半練習PTに「紛れ込んで」あわよくばクリアしてしまおうという目論見の中、自分が一番最初に死んでしまうとひたすら「ごめんなさいごめんなさい」とチャットを打ち、三回全滅でPT解散…orz

 

いつ..こいつを倒せるんだろう…そういう夢までみてしまい、最初に見た攻略動画や攻略サイトのカンペを見なくても動けるようになった頃にようやくクリアできる!!

 

…それがFF14の「予習」と「大縄跳び」じゃ”い”!

 

それって楽しいの?って思う方もいると思いますが

 

苦労して苦労してそれが評価される達成感。

 

それは、青春時代に過ごした部活と一緒なんです(‘ω’)

 

仲の良かった部活のメンバーと、毎日毎日一緒に練習をして、大会に挑み、その結果優勝できたとしたら…

 

それに費やした時間は、とても思い出に残る時間だと思いませんか…?

 

そんな時間のラストで一緒に闘ったメンバーが実は自分の息子だったというサプライズが用意されているのが今回の「光のお父さん」なんですね( *´艸`)

 

 

次回は、ファイナルファンタジーXIVの専門用語についてざっくりとお話していきたいと思います!

 

TVドラマ「光のお父さん」まであと8日🐤🐸

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP