ゲーム実況もずとはゃにぇ ゲーム女子 もずベエ&実況がえる はゃにぇ

🐸どれだけピンチに陥ろうと彼よりはマシだと思え【ボンバーマン】

絶対絶命だとか、ピンチだとか、あーだこーだいう前に本当に君は死と向き合っているのかい?

 

 

あがいてもあがいても、どうにもならない状況なのかい?

 

 

 

彼よりはマシだ。

 

そう思えば、少しはチカラが沸いてくるんじゃなかろうか。

 

 

 

開始直後の決定的自滅。
コレが何度も起こるのがボンバーマンなのである。

 

 

ステージ開幕と共に前に歩き出し、はやめにAボタンを押してしまい。自分の進行方向に「ブリッ」と爆弾を配置してしまい、進路をふさぐ。

 

 

人生にコレと似たことは何度も起こってしまいます。

 

 

部活の先輩のちょっとした冗談にのっかろうと思ってしまった一言で「ブリッ」

 

 

最近太った女友達に最近太ったんだよねーって言われてそうだよねって「ブリッ」

 

 

暖房つけながらドライヤーつけながらホットミルクあっためようとして「ブリッ」

 

 

彼女が仕事いってる間に家に二股かけてる女の子読んだら玄関が開いて「ブリッ」

 

 

復活の呪文を入力していて呪文がちがいま「ブリッ」

 

 

ファミコンにドラクエ3のカセットをさして起動したらデロデロデロデロ「ブリッ」

 

 

モンスターハウスだ!「ブリッ」

 

 

自分のヒザぐらいの高さから飛び降りて「ブリッ」

 

 

 

後半ほとんどゲームで死にかけたあるあるになってしまいましたが、人生において「ブリッ」となる瞬間。

 

それはボンバーマンだけではなく、あなたの人生にもきっと何度もやってくる。

 

 

大切なのは、そのあとどうするかだと思うんです。

 

 

失敗・挫折は、ないよりあったほうがいい。

 

 

どれだけしんどい想いをしたかで、その後の人生が変わるんです。

 

 

経験値というのは、あればあるほどレベルがあがりますよね?

 

 

強い敵を倒せば倒すほど、経験値はたくさんもらえますよね?

 

 

ボンバーマンが死ぬ瞬間。
それはあなたが成長する瞬間なのかもしれない。

 

これから起こる爆発は、夜空に打ちあがったあの夏の日の花火のように、輝くことができる瞬間なのかもしれない。

 

 

なにより、死ぬ気になればできないことはないとおもいませんか。

 

 

あの瞬間の彼を思い出すことで、自分はまだまだ頑張れるとおもいませんか。

 

 

必要なのは、死んでしまった自分を後悔することではありません。

 

 

そこから、どう生きていくのかの目標を立てることだと思います。

 

 

レベル20で転職するもよし、レベル99で運の良さMAXになるまで遊び人を続けるもよし

 

レベル20で転職すれば、はやめにいろんなことを体験できるし
レベル99で運の良さMAXから転職した武闘家は会心の一撃がたくさん出せるようになる。

 

 

その目標は他人から見たらバカみたいに見えるかもしれないけど、あなたにとってはきっと意味があること。

 

 

だから、ムダなことではない。

 

 

例えこの目の前の爆弾が爆発しても、それはムダではないのだ。

 

 

 

 

 

 

と爆弾が爆発するまでに走馬燈のように彼が考えてたら面白いなって思っただけの話でしたケロ🐸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。